コンプリメントトレーニング 不登校

コンプリメントトレーニング初心者の時、しっておきたかった5つのこと

こんにちは、ほっしーです。

今日は、
わたしがコンプリメントトレーニング初心者の時、
知っておきたかった5つのことをお伝えしていきます。

コンプリメントトレーニングを知って3年ほど経ちますが、
3年前のわたしが、これから紹介する5つの事をしっていたら

「もっと早くできた。」

「もっと、早く結果がでた。」

「もっと、怒り狂わずにすんだ(笑)。」

「遠回りしなくてもよかった。」

など、など。。。

きょうは、

 

もし、コンプリメントトレーニングを始めた時、これを知っていたら!


と、同時に

「当時 知っていても、理解や実践できなかったこともあるんじゃない?」

と思いません?

振り返って、「経験しないとわかんないよな」って、わたしも思うこともあるんですけど、

 

それでも
コンプリメントトレーニングを始める前に戻れるとしたならば
この5つだけは

 

(`・∀・´)ぜってー、オサエテオケ‼︎!

 

と熱く伝えたい厳選した内容を紹介していきます。

 

この5つを知って、コンプリメントトレーニングを
当時の私より早く、より効果的に
マスターできる方が増えてくれたら嬉しいです。

 

ではいきますね。

1.結果を気にしない

コンプリメントトレーニングって、言ってしまえば、

森田先生の著書を読んだり、
有料トレーニングに申し込みさえすれば、

誰でも、はじめられるんですよね。

それは、それで、良い事だと思うんですけど、

「〇〇〇の力がある、お母さん(お父さん)嬉しい😊」

って言葉をかけ始めると、子供が上機嫌の時は笑顔がでて

「あれっ、すぐに上手くいくんじゃない!?」と勘違いするケースって

結構、あると思うんですよね。

 

ただ、本格的に取り組んで行くと、

 

「ぜんぜん、上手く行かなない  (´・・`)シ」

「子供から、激しく拒否られる ナヌッ∑(・・;)」

 

って、ふつーに起こるんですよね。


だから、まず最初に“どこに視点をおくか”が、無茶苦茶 大切だと思っています。


それによって、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年という長いスパンでみたら、
全く違う結果を引き寄せてるって起こるんですよね。

とくに最初の頃、コンプリメントトレーニングをはじめたときは、

「今すぐに、再登校させたい!」

という結果を求めるのではなく、

「コンプリメントを、トレーニング資料どおり、森田先生の指導どおりにできた。」

を、もっとも大切にした方が良いんですよね。

 

“子供に笑顔が、でても、でなくても”

継続していかないと、再登校しないわけですから。。。

目先の結果に、親である自分が、ブラされまくっていたら、意味がないわけですよね。

本当に大切なことは、

 

コンプリメントの基礎・基本を徹底的に練習し、
”正しいコンプリメント“を実践できるプロセスを積み上げて、
コンプリメントトレーニングの”正しい型”を固めることを目指すべきなんですよね。

 

英語で言うと、基礎・基本となる文法の部分ですね。

コンプリメントをはじめた当初のわたしは、

「息子を、すぐに再登校させたい ヾ(o´゚∀゚`o)ノ!!」という
親の欲にまみれて、結果を早くだしたかった。


だから、コンプリメントの表面だけの情報をすくって、ぜんぜん深まっていかなかったと思います。


深まらないから、わからない。

なんとなくの、勘でやってみる。
無駄なこと、ばっかりする。


一時期、全然前に進んでいる気がしませんでした。


目の前の結果を追うのではなく、

まずはトレーニング資料を何回も、何回も読み込んで、
”正しいコンプリメントトレーニングの型“を固めるのに集中する事です。

 

2.その時、理解・納得を求めない。

これも、むちゃくちゃ重要です。

ま、今日の話、全部 重要なんですけどね。

コンプリメントトレーニングの資料を読んだり、実践していくと、
必ずと言っていいほど、

「理解できなこと」
「納得できないこと」

が出てきます。

 

例えば

「なんで、“〇〇の力がある”という言葉を使うのだろうだろうか?
 ほかの言葉じゃダメなの?」

とかですね。

 

そうすると、

「自分で納得できないから、やらない。」
「理解できないから、勝手に変える。」

そうなると、コンプリメントが自己流になり“ズレ”て行きます。

 

大切なのは、
自己の枠の中だけで、生きてはいけない。

大切なので、もう一度 いいますよ。
いいですか、

自己の枠の中だけで、生きてはいけない。

わたしも含め、我が子が不登校になっているということは、
自分の枠のなかにある経験や情報で子育てしているから

「不登校になっている」

のです。

 

この事実に気づく必要があります。

 

だったら、不登校を解決するには、自分の枠から出るしかないのですよね?

 

でも、これが結構 大変だったりするわけですよ。

なぜなら、自分の枠を出るときに、これまで自分の人生で積み上げてきた
理解や納得がじゃまをして来るんですよ。

 

例えば、
コンプリメントトレーニングを半年、1年、3年と実践していても、
何だかしっくりきていない人や
子供が再度の不登校に戻ってしまう、ケースに出会うことがあります。

 

そういう場合は、自分の枠から出られていない。
もしくは、一度出たけれども、また自分の枠に戻ってしまっているケース
が多いと思うんですよ。

 

なので、おすすめは

「自分は、本当に何もしらない、わかっていない。
 わかる人に、おしえてもらう。」

です。

 

たとえ、自分で理解・納得できないことがあったとしても、
素直に言われた通り100%実践して、続ける事がむちゃくちゃ大切です。

 

これって、コンプリメントトレーニングだけのことじゃないですよね。

 

わたしも、仕事で人様に仕事を教えることがあるのですが、
“伸びる人”と“伸びない人”の違いって、
素直に人の言うことをきいて実践できるかに集約される気がするんですよね。

伸びる人は、
よく理解・納得していない部分も含めて
とにかく言われた通りにやって続けてみる。

伸びない人は、
「わたしは、ここはこう思っているんで!
 わたしは、これまで、これで上手くいってたんで!」
といって、素直に受け入れられずに自己流になってズレて、
なかなか成長できないんですよね。

 

なので、“いい意味で、アホになる”ことが重要なんですよ!!

 

そうすれば、
わたし、よくわかってなくてアホなんで、言われてた通りやってみます!

ってなるわけじゃないですか?

たとえ、少し上手く行かなかったとして、とにかくコンプリメントトレーニングの資料に
書かれている通りに、続けていくことが重要なんですよね。

 

そうしていくと、自分の枠を超える瞬間がやってくるんですよ。

わたしも、コンプリメントトレーニングの資料で、
はじめは理解・納得できなかったところがいくつもあったのですが、
素直に実践していくうちに、

 

「資料で書かれたいたことは、この事だったのかーーーー!!!」(゜∀゜)キターーーーーー!!!!


という事が何度もおこりました。そうやって、自分の枠の外に出て行くんですよね。

 

3.情報を増やさない

これは、不登校対策についての情報を増やしすぎないという意味です。

いまでは、ネットで検索すれば、瞬時に大量に情報をゲットできます。
では、情報は多ければ多いほど、良いのでしょうか?

行動経済学では、人は情報過多になるとIQが下がると言われています。
情報が多すぎると、人は安易な選択に流れいってしまいます。

バリー・シュワルツの「選択のパラドックスについて」って、聞いたことありますか?

↓ 何それ?って気になる方は、ご覧ください。
↓ 7:40ぐらいからでOKです。
↓ 飛ばして、もらっても全く問題ないですよ。

 

情報が多すぎるというのは、マイナスです。
情報は、絞ることが大切です。

まずは、自分が信頼できる人の言っていることを、
まずは実践していくことが大切です。

そうすると、方向性が定まるので、上達が早くなります。

森田先生の、コンプリメントトレーニングは”本物”です。
森田先生は、”信頼”できる人間です。

これは、わたしがコンプリメントトレーニングの実践や森田先生の講演を
生で聞いて体感した上で、確信を持って皆さんにお伝えできます。

 

コンプリメントトレーニング以外の情報は削ぎ落とし、
コンプリメントトレーニングだけに絞りましょう。

 

4. 反復して、インストールする

まずは、情報をダウンロードして知識を得ます。
ダウンロードとは、本やトレーニング資料を読んで知識として頭に入れることです。

そして次に、必要なのはインストールです。
インストールとは、自分が”使える状態”まで
コンプリメントトレーニングを落とし込むということです。

 

その時に有効な手段が、反復練習です。
とにかく、反復練習をすることです。
徹底して反復練習を続けると、面白いことが起きます。

 

どこかのタイミングで「パーンッ!」って、
その感覚が入ってきます。


その瞬間、

それまでやってきた色々なことが繋がって、
色々なことに応用発展できる様になります。

 

例えば、
わたしの場合は、コンプリメントを徹底的に反復練習することで

子供のコップに自信の水を貯める

という感覚が、ある時 急に体の中に入り込んできました。

そうすると、
子供のあらゆる行動、

例えば

朝起きれる日、起きれない日、
笑顔や不安などの微表情になる状態、
お風呂に入ってイライラするタイミング、お風呂に入って歌い出すタイミング

など、「コップの中の自信の水の量を測る」ことを通じて
感覚が入り込んできて、
息子の行動が、手にとる様にわかる瞬間がおとずれたのです。

これが、インストールという感覚です。

このインストールのためには、徹底的に反復を繰り返すことが必要です。

 

5.長期的な視点でやる

コンプリメントをトレーニングを実践するにあたり
長期的な重要な視点に立つことが、とても重要です。

この視点を手に入れると、

多少 トレーニングが上手く行かない時期があったとしても、
(いや、経験則としては絶対 何度も上手くいかない時期がきます)

落ち込みにくくなります。
(いや、絶対 落ち込みます。でも、復活しやすくなります)

 

子供の成長も、
コンプリメントトレーニングの成果も、
右肩が上がりで一直線
というわけには行きません。

上がったり、下がったりを、何度も繰り返します。
下がっている時は、次に上がるための”貯め”を作っているタイミングなのです。

それをぐぅーっと引いて見た時には、全体ではアップトレンドになって、
いずれ子供は再登校していくものです。

そうなると、自分に言い聞かせることが重要です。

「だから、大丈夫だと!」

 

そうでないと、焦りが出ます。
焦りは、パフォーマンスを著しく下げます。
焦ってたら、何もいいことを生みません。
焦りが出ると、それまで使った時間や労力を取り返そうとして、
子供に感情的になったり、正しくコンプリメントができなくなっていきます。

 

長期的な視点に立てる様になると
目の前で起こる出来事に、一喜一憂しなくなります。

たとえ失敗しても、
「じゃ、ここから学んで、次に失敗しないために、
どうして行けば良いのか?」
という思考が生まれます。

失敗をプラスに変換していくことができます。

実は、人生の中で、
コンプリメントトレーニングの”そこだけ”を切り取って、
いきなり”そこだけ”を上手く行かそうというのは、
ほぼ不可能な話なんです。

 

そもそもの
思考、習慣、お金に対する価値観、生き様というのは、
全てつながっていて、コンプリメントトレーニングの最中にも出ます。

例えば、

”待てない”
”観れない”
”自己規律がない”
”ルールを守れない”
”時間を守らない”
”パニックになる”

などは、コンプリメントトレーニングの時だけに出るのではなく、
コンプリメントトレーニングの以外の日常でも起きています。

 

一つの問題というのは、
形を変えて、あらゆる日常の場面で姿形を変えて出ます。
一見、違う問題に見えても、根っこの部分は同じなんですよね。

なので、表面的な部分だけを変えようしても、
根本が変わらなかったら、結局 上手くいかないということです。

だから、そういう意味でも長期的な視点が必要ですし、
コンプリメントトレーニングを上手くいかせたいのであれば、
それ以外の日常から見直していく必要があります。

 

例えば、コンプリメントトレーニングの場合、

”一日 6個はコンプリメントをするルールがあるけど、守れない”

”時期が来たら、電子機器を禁止しないといけないが、できない”

”子供が納得するまで、話し合いを続ける必要があるのに、
 感情が爆発して、話し合いができない”

など、

そもそもそ、秩序がなくなって、乱雑になっている、そういう生き方になっている。

そこで、わたしが、もっともお勧めするのは”掃除”の習慣です。

使ったらもとの場所に戻す、
散らかったらその都度きれいにする、

汚れたらきれいにする、

そうすると、自分の中で秩序ができます。
感情を整え、コントロールできる様になります。

そういう日常の過ごし方をしていれば、
全てがつながっていき、コンプリメントトレーニングが上手くなっていきます。

以上です。

 

これが、
わたしがコンプリメントトレーニングを始める前に戻れるとしたならば
この5つをこれだけはやっておけと
口を酸っぱくして言いたいです。

結局、目の前の事に向き合って、全力で生きるということです。

 

これを、武士道では「一日、一生」と言います。

その日、その日を、
向き合って全力で生きるということです。

「一日、一生」

わたしも、まだまだなのですが、そんな日を送れる様に挑戦しています。

この記事も、その挑戦の一環で書いています。

質問や感想などあれば、
気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

すぐに返信できないかもしれませんが、必ず目を通しますので。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
私のこれまでの経験が、どなたかの希望につながると嬉しいなと思います。

コンプリメントトレーニング 不登校
最新情報をチェックしよう!
>コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

日本古来からの衣食住に取り入れ、日本人らしく生活するコミュニティを立ち上げたいと思っています

準備が整ってきたら、再度 ご案内しますので、よろしくおねがいいたします。

CTR IMG