コロナで離婚が急増!? 夫婦関係を改善するのに神様の功徳をいただく

こんにちは、ほっしーです。

今日は、夫婦関係を改善するヒントをお伝えしたいと思います。
しかも、神様の功徳をいただいて!?

 

先ほど、「コロナで離婚が急増か?」という趣旨の記事をネットで読みました。

ざっくり状況を説明すると、

先の見えない、新型コロナウイルスの感染拡大と終息時期。
休校やサラリーマンの在宅勤務、不要不急の外出の自粛など日々の生活への影響が広がっている。
そんなコロナウイルスの脅威は健康面のみならず、夫婦のメンタル面にも大きな影響を及している。
プチげんかや大げんか、無視、そして離婚を考え始めた夫婦が増えている。

うん、うん、起こりそうだわ。

このように、平時はなんとか隠しとおしてこれた夫婦関係が、
非常事態になって、これまで水面下でグツグツと眠っていた負の感情がドーンッと爆発して、現象化しそうですもんね。
コロナウイルスの影響というより、いずれ起こるはずだった爆発が、今回の件を、きっかけに早まっただけだとは思いますが。

 

さて、さて、わたしも
のんびりと世の中の夫婦関係を観察していられない状態です。

今日は、大変な日なのです。

妻の機嫌が最悪で、家族にあたり散らすわ、無視するわ、妻は自分自身を責めて落ち込むわで、
「めちゃくちゃ、家族全体の気が悪くなっております」(゜O゜;). 

年に、2、3度ほど、こんな感じのことが起こるのですが、
今回は、結構大きめです。。。

妻の毎度のパターンなのですが、
この負のサイクルに陥ると

 ご飯を作らない

 食料の買い出しに行かない

 洗濯もしない

家事全般を放棄し、家庭が廻らなくなります。。

この様なネガティブな気は、
特に近しい関係に強力に伝染します。

 

特に、夫婦関係には、もろに直で影響を受けるのです。

反対に、良い気もポジティブな影響ももたらしてくれるのですが、
ネガティブな気の感染力は良い気の7倍もあるとか
 (((・Α・川)))

 

妻からネガティブな気が思いっきり感染してくるので、わたしの気も下がってきます。。

そこで、夫婦関係のわたしの負けパターン、
これが毎回 同じ様に
自分の中から湧き出てくるのです。

毎回 100%同じ感情が襲ってくるので、脳内で思考回路が
できがってちゃっているのです。

 

妻がネガティブになったり、落ち込んだりした時の、

わたしの負けの反応パターンとは、

・めちゃくちゃ、イライラしてきて注意したくなります。

 

脳内では、こんな会話が浮かんできます。。。

「またかよ!良い加減にしろよ。家族を困らせて、自分の存在をアピールするのヤメロ!」

「自分の役割、ちゃんと果たせよ!」

「今の生活に、なんの不満や文句があるのよ!おかしくない?」

と、

こんな感じで、妻のネガティブな気が感染し、私の中に流れ混んできて

私のネガティブなものが引出されちゃうわけですよ。

皆さんも、あるでしょ、こういう事?

 

これは、誰も逃れることができない、人と人の気の交流なのです。
特に、夫婦関係はモロに影響してしまいます。

 

感情を如何に、コントロールするか?

で、ここからが自分との勝負です。

この自分の中で暴れる感情を、どうコントロールしていくか?

重要なのは、”妻”をコントロールするのではありません。

”自分の感情”をどうコントロールするかです。


自分の感情を、平常時やポジティブな状態に戻さないと,
100% 言い合いの喧嘩になります。

 

で、今日はコントロールできなかったんですよ(´・ω・`)しょぼん

 

自分の中でイライラが治らず、
妻のモノの取り扱い方が荒く、物音が激しくなった、その瞬間。

プッチーン、ときて、

「いい加減にしろ!落ちつけよ、お前!」

と怒鳴ってしまった。。。

 

そこから、妻の反撃。

「なんだトォ!」

もう、ここまで来ると

お互いイライラMaxなので、後戻りなぞできません。

その時の
脳の状態は、理性的な脳よりも感情的な動物脳がに勝っているので、絶対にコントロール不能になります。

感情だけに振り回されると、基本悪い方向にしか進まないのです。。。

 

お互い、プリプリしまくって、ゴング終了です。。。

チーーーーン、です。

つまり、今回は、コントロールできず惨敗。。

 

今日は、負けパターンを紹介しましたが、
自分で上手にコントロールし、自分のポジティブな気を妻に影響させることで、
上手いこと治めることができるケースもあります。

うーん、勝率は7割ぐらいはあると思います。

この勝率は、やればやるほど上げていくことができます。

 

自分の”取扱い説明書”for 夫婦関係偏

簡単にいうと、自分の”取扱説明書”を
あらかじめ用意しておく、対処法を作っていく方法です。

3ステップで行います。

  1. 自分の感情が、乱れていることに気づき、そして味わう
  2. 自分を責めずに、許す
  3. 対処法をあらかじめ用意し実行、その後、検証しアップデート

それぞれ、簡単に説明しますね。

①自分の感情が、乱れていることに気づき、そして味わう

これは、怒り、恐怖、不安、浮かれ過ぎなど、通常時の自分の感情の位置から大きく外れていることに気づく事からはじめます。
感情が、ぶぅうわぁーと溢れ出した瞬間を捉えて、それを認識できる様に訓練します。
日常的に感情の動きをモニターし意識することを繰り返していくと、これができる様になります。
怒り、喜び、不安を敏感に捉えます。訓練していくと、そんなに難しくないと思います。

次に、味わうという感覚です。
これは、少し離れたところから、自分を客観的に眺めるという感覚です。
イメージとしては、自分の背後や頭上、1mぐらいから、今の自分の状況を
客観的に眺めます。
「あー、おれ。今、めっちゃ、怒ってるわー。」とか
「あー、おれ、今、無茶苦茶浮かれてるわぁー。」とかですね。

自分の中で、湧き出てきた感情を、客観的に味わい尽くします。
しばらくですね。わたしの場合、30秒ぐらいが多いですね。

 

②自分を責めずに、許す

ここ、重要です。

多くの場合、そんな感情を持ってしまった自分を責めます。

「あー、私ってなんて、心が狭いんだろう。。」
「こんなんだから、上手く行かないのよね。。。」

自分を責めて、良いことなんで、1mmもありません。なので、自分を責めることは逆効果です。
責めるのではなくて、「そんな自分も、いることを認めて、許す」ことです。

「自分の中には、そういう自分もいるんだね。うん、うん。」とそういう自分もいるんだなと、
なだめ、存在を認め許すのです。

極端なことをいうと、人は誰でも多重人格者です。
脳の状態によって、良い自分、悪い自分が何人も存在している事自体が、当たり前なのです。


③対処法をあらかじめ用意し実行、その後、検証しアップデート

これは、各個人によって対処方法が変わってくるので、
個人個人で取扱い説明書を作成していくしかありません。


感情がネガティブな状態になった時に、すぐに復活して平常時に戻す方法を用意しておきます。
ネガティブな状態が”継続しない”様にするためです。

ここ、重要です。
ネガティブな状態に”ならない”、ではなくてネガティブな状態を”継続しない”。

ネガティブな状態にならないのは、ごくごく一部の聖人君子をのぞいて、ほぼ不可能です。
わたしを含め凡人の正しい対処法は、その状態を継続せずに、いかに短時間で復活するかです。
継続してしまうと、どんどん気が漏れていき、復活するまでの時間がめちゃくちゃかかります。

今回、紹介する方法を知らなかった私は、2、3日はネガティブな感情が続く事があったかな。
よそ様の家庭の夫婦喧嘩をきいていると、1週間口聞かないとか、ざらにあるので、短い方かもしれません。

この手法を知ってから、1年以上実践していますが、
長くて半日、普通だと1時間も掛からず、復活できるようになりました。

落ち込んだ状態が、続けば続くほど、復活しにくくなるので、スピードが命です。

ここで、わたし自身が復活するための取扱い説明書の例をシェアしておきますね。
状況に応じて、いくつも使い分けていますが、よく使っているものを2つ。

1. 深呼吸
  どこでもできる方法から。
  感情が、乱れている時は、必ず呼吸が浅くなっています

  なので、深呼吸がめちゃくちゃお勧めです。
  単なる深呼吸と思われるなかれ、やってみると効果を必ず実感できるはずです。
  両脇腹に両手を添え、背筋を伸ばします

  鼻から肺の膨らみを感じながら、もうこれ以上吸えないというところまで吸います。
  口から、ゆーーーーくりっ、ふーーーーっと、もうこれ以上吐けないというところまで吐きます。
  わたしの場合は、これを3回繰り返します。
  あら、不思議、先ほどより、感情の揺れが治っている自分に気づくはずです。

  
2. 神様の功徳をお借りします。

  なんだか怪しい、と思ったと人もいると思いますが、ひるまず紹介w

  妻が荒れた場合は、私は木花咲耶姫からいだだける功徳を自分にインストールして、
  妻と気の交流を測ります。

  簡単に、木花咲耶姫神を紹介すると
  ”表現力を身につける”功徳を持つ神様です。
  私は、自分の気持ちを上手に妻に伝えたい時にお借りしています。


 羽賀 ヒカル著 『不思議と自分のまわりにいいことが次々に起こる神社ノート』からこの方法を活用しているので、
 木花咲耶姫の部分を引用させていただきます。

逆に、磐長姫が神がかるのは、あえて言葉にせず、言葉に頼らない表現をしたとき。例えば沈黙することで、相手に何かが伝わるとしたら、その沈黙すらも一つの表現になります。本当に大切なことを伝えたいときは、言葉を安売りしないほうが、相手の奥深くまで届くもの。そういった表現ができるのは、言葉の限界を知っているからです。

言葉になる以前から、あなたの思惑、あなたの欲望、あなたの恐怖、あなたの勇気、あなたの祈り、あなたの愛は、確実に相手に伝わっているからです。そのことに気づいたら、誰かの言葉に傷つくことも、言いたいことが伝わらないと嘆くこともなくなります。良くも悪くも、すべての誤解は、言葉になる以前のあなたの心の状態が影響しているからです。

  この感覚が、無茶苦茶、妻がネガティブな気になった時に使えます。
  
  言葉を発する前の、自分の心の状態が一番大切で、どんなに上手な美辞麗句を並べて会話しても、

  言葉を発する前の自分の状態が荒れていたら何も意味がないということですね。

  私の経験則状、妻が荒れている時は、
  うまく言葉を交わそうとすればするほど、炎上して行きます (・・`)カガッカリ

  ついつい、
  アドバイス的なことを言っちゃうんですよね。

  「〇〇したら、感情のコントロールできるよ。〇〇という手法があるよ」などなど。

  嫁は怒り狂っているわけですから、
  この様な言葉は、むしろ逆効果で、100%反発され、更に炎上させるという悪循環に陥ります。。
 
  私の最近の対処法は、
  妻の幸せを祈り、本当の彼女の良いところ(笑顔だったり、優しさだったり、明るさ)を
  ずーっとイメージして

  そのイメージのままで、

“何も言わず”、ただただ側にいる。妻の幸せを祈りながら。

“何も言わず”、ただただ一緒に犬の散歩に出かける。妻の幸せを祈りながら。

“何も言わず”に、ただただ普段通りの行動を心がける。妻の幸せを祈りながら。

ようにしてます。

私の気のポジティブな状態は、雰囲気や声のトーン、自分が発する物音から
空間を超えて、確実に妻に届いていきます。

そうした方が、言葉を交わすよりも伝わり、
ずっと、ずっと、妻の回復が早いのです。

結婚して、16年ぐらい経ちますが、最近になってやっとわかってきました。
もっと早くわかっておけよ、というツッコミがありそうですが、
夫婦関係なんて、そんなもんですよね。。

上手くいけば、取扱い説明書を作ってメモ書きをしておきます。
わたしは、Evernoteを使っています。
失敗した場合は、もう一度トライしたり、他の対処法を試して、
繰り返し検証をしていきましょう。
繰り返すうちに、かなり精度の高い自分だけの取扱い説明書が出来上がってきますよ。

 

まとめ

夫婦関係の関係維持のためには、相手をどうこうするのではなく、
“自分の取扱い説明書”をあらかじめ用意してストックしていきましょう。

3ステップで行います。

  1. 自分の感情が、乱れていることに気づき、そして味わう
  2. 自分を責めずに、許す
  3. 対処法をあらかじめ用意し実行、その後、検証しアップデート


まず、手始めに

  1. 自分の感情が、乱れていることに気づき、そして味わう

から、はじめてみてください。
確実に、あなたの人生が変わりはじめますよ。

 

質問や、試したあとの感想などあれば、
気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

すぐに返信できないかもしれませんが、必ず目を通しますので。

それでは、今日はこれで。  

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

日本古来からの衣食住に取り入れ、日本人らしく生活するコミュニティを立ち上げたいと思っています

準備が整ってきたら、再度 ご案内しますので、よろしくおねがいいたします。

CTR IMG