コンプリメントトレーニング 不登校

コンプリメントトレーニング実践者向け 「深く感謝し尽くす方法」

こんにちは。

今日は、
コンプリメントトレーニング実践者に
私が毎日おこなっている、
とっておきの方法をお伝えしますね。

この方法を日々、実践していけば、
コンプリメントトレーニングも人間関係も好転していきますので、
是非 最後まで読んでいただけると嬉しいです。

では、いきます。

人は、つい不満足な現状を嘆いてしまうものです。

「あの子は、学校に行っているのに、ウチの子は。。」
「もっと、夫(あるいは妻)に協力してほしい。」
「偏差値の高い学校へ入学させたい。」
「もっと、収入の高い職場で働きたい。」
「あの人よりも、高い役職につきたい。」

など、など、

求めてしまいがちです。

わたしもよく、自分でも気がつかないうちに、
この思考に陥っていたりします (。>ω<。)

ですが、その前に、

すでに自分に与えれているものに目を向け、そのありがたみを感じる

ことが大切です。

ここからは、わたしが参考にしている
羽賀ヒカルさんの「神社ノート ~強化版~」から抜粋させていただきました↓

人は、感謝を忘れてしまうとき。
それは、与えられている物を”当たり前”だと勘違いしてしまっているのです。

けれど、本来この世で起こることに”当たり前”なことなど、
何一つないはずです。
今、この世に生きていること自体が、いったいどれほどの奇跡なのか。

ある学者は、こんな言葉を述べています。

「わたしたち人類が地球上でここまで生きてこられたのは、25mプールに時計の部品を投げ込み、それが水流の力で自然に合わさり、時計が完成するような確率と同じだ。」

肉体を与えられたこと。
ごはんが美味しく食べられること。
今日という日を無事に終えられたこと。
大切な人に出会えたこと。

すべてが奇跡の連続なのです。

人は得てして、何かを失ったときに、そのありがたみに気がつくものです。
満たされている時は、それが当たり前に思えて、盲目になってしまうのです。

けれど、失わずして、いかに
“すでにあるもの”のありがたみを感じられるか。

ひとつ何かを与えられたら、その背景にあるたくさんの人々の苦労や、優しさや、あたたたかさ、そして、神様の愛を、どれだけ推し量られるか。

その感謝が深まれば深まるほど、神様から愛され、より多くの功徳を授かることができるようになるのです。

 

感謝の言葉を書き出す

わたしは、毎日、毎日、感謝の言葉を投げかけるつもりで、

すでに、成し遂げられていること。
すでに、手に入れているもの。
すでに、与えらているもの。

をノートを書き出し、「ありがとうございます」の言葉を添えて、
感謝を伝えています。

かなり恥ずかしいですが、今日 書き出した分を、
公開しますので皆さんの参考にしてもらえればと。

こちらです↓ σ(*´∀`照)テヘ♡

若干、みにくいかもしれませんが。

 

 

やってみると、実感できると思いますが、
胸の奥から、ジーンとした暖かい感情が湧き上がって来る
のを感じると思います。

感謝の気持ちが極まると、自然と涙が流れてくることもあります。。

正直にいうと、
逆に全く感謝の気持ちが湧いてこない日もあります(汗)

そういう日は、いま自分が良くない状態にあると認識して、
より注意深く自分の言動に気をつけるようにしてます。

そうやって、毎日 「感謝の気持ちを感じる習慣」を作り、
自分がブレてしまっている状態を常に正すようにしています。

皆さんは、
ノートを公開する必要もないと思いますので(笑)
ぜひ参考にして実践いただけたらと。

質問や感想などあれば、
気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

すぐに返信できないかもしれませんが、必ず目を通しますので。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
私のこれまでの経験が、どなたかの希望につながると嬉しいなと思います。

コンプリメントトレーニング 不登校
最新情報をチェックしよう!
>コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

コミュニティ「THE Flush」を立ち上げ予定

日本古来からの衣食住に取り入れ、日本人らしく生活するコミュニティを立ち上げたいと思っています

準備が整ってきたら、再度 ご案内しますので、よろしくおねがいいたします。

CTR IMG